×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


離婚を伝える方法について・・・

離婚の意思を相手に伝える方法 / 離婚を子供に伝える方法 / 離婚の事実を家族にも伝えた方がいい理由 /
離婚の事実を友人や知人にも伝える理由 / 離婚を相手が勝手に進めそうなときには?


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==

離婚の意思を相手に伝える方法


「離婚をしよう」そう思ったら、まずは、その意思を相手に伝えなければなりませんよね。

相手の同意もなく離婚届を提出することはできません。

受理されたとしても無効の訴えを出して、取り消すことが出来るのです。

しかし、あなたにも相手にもこれから先の人生があるのですから、出来るだけ納得できる解決方法を探したいですよね。

まずは話し合いの場をもつことがが大事です。

離婚の原因とは、本当に様々で、今まで心の中に溜まりに溜まっているものが爆発するケースも非常に多くあります。

そんな場合には、相手にとってまったくの寝耳に水ということも考えられます。

離婚には、相手の同意が必要ですから、話し合いの場を持たなくては前進しません。

離婚後の生活設計も含めて考えて、円満解決できるのが一番の理想です。

離婚をスムーズに進めるためには、綿密な計画が必要になります。

その足がかりとして、まず相手に離婚の意思を伝えるには、直接会って口頭で伝える、電話など顔の見えない状態ではあるが口頭で伝える、メールや手紙で伝える、第三者を介入する、などの方法があります。

自分の結婚生活の終わりなのですから、人間関係の最低限のマナーとして、自身で解決しようという姿勢は必要です。

しかし、原因がDV(ドメスティックバイオレンス)である場合などは、離婚を切り出すことによって、身に危険が及ぶケースもありますので、十分な注意が必要です。

このような場合には、まずは文章などで伝え、改めて第三者を伴って話し合いの場を持つなど適切な方法を考えなければいけません。

またDVなどの危険が及ぶ可能性がないような、心の問題だけで離婚に及ぶ場合であったとしても、切り出し様によっては、相手がどのように豹変するかわかりません。

自分の本当の気持ちがきちんと伝えられるように、誠意をもった態度が必要になるでしょう。

関連サイト

色々な名前がついた離婚
・渉外離婚
・ペーパー離婚
・成田離婚
・熟年離婚

様々な離婚の方法
・協議離婚の手続きと方法
・調停離婚とはどのような方法?
・調停離婚の実際と注意点
・審判離婚と判決離婚

離婚の費用について
・離婚にかかる費用
・離婚の際の弁護士への相談とその費用
・離婚の際の公正証書の作成と費用

離婚後の生活
・離婚と仕事
・離婚と老後
・離婚と年金分割
・再婚をする時期

離婚前後の生活環境
・離婚前後の生活環境
・離婚後の部屋探し
・離婚後の出戻りとは

家庭内離婚と家庭内別居・配偶者暴力支援センターとは
・家庭内離婚とは/家庭内別居とは
・配偶者暴力支援センターとは

離婚と理由
・離婚の理由とは
・一番多い離婚理由
・離婚が認められる理由

離婚数とドメスティックバイオレンス
・離婚する夫婦の数
・離婚とドメスティックバイオレンス(DV)

離婚を伝える方法
・離婚の意思を相手に伝える方法
・離婚を子供に伝える方法
・離婚の事実を家族にも伝えた方がいい理由
・離婚の事実を友人や知人にも伝える理由
・離婚を相手が勝手に進めそうなときには?

離婚の前に
・離婚を考える前に夫婦関係が修復できるか考えよう
・離婚の前に話し合い
・離婚の前にチェック!夫婦修復のポイント

離婚の前に知っておこう
・離婚の相談窓口
・離婚のときの手続きを確認

結婚の理想と現実、そして離婚後
・結婚の理想と現実
・離婚後の自立した人生

離婚の前に知っておきたい制度
・離婚家庭への福祉援助
・妊娠中に離婚する場合

離婚と子供の問題
・離婚するときの重要事項
・離婚の際の親権について
・離婚の際の養育費
・離婚するときには面接交渉権
・離婚後の子供の姓と戸籍の変更

サイトポリシー


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


離婚を子供に伝える方法


離婚の事実を、子供に切り出すのは難しいですね。

様々なことを考えて、迷いが生じてしまいます。

夫婦2人だけが離婚することについては、本人たちが話し合って納得すればどんどん進展することができますが、子供のいる家庭では、本人同士の問題だけでは済まないことが多様にあります。

結婚のスタイルや夢は、子供が1人ずつ増えて、生活形態が変わることに伴って、かわっていくものです。

特に女性の愛情の深さも子供に移っていきます。

また夫婦2人にかけていたお金は、子供が生まれることで教育費・生活費など家族にかかってきます。

そんな生活の変化に適応できず、夫婦の関係が悪くなることも多いものです。

また子供がいることで、長い間、離婚を我慢している夫婦が多いと言われていることも、また事実です。

子供にどのように伝えたら理解を得ることができるのか、この問題が一番の難関です。

ここにエネルギーを注ぐべきです。

たいていの子供は親の感情に敏感なので、生活の中から両親の夫婦状態が悪化していることを感じ取っています。

すでに傷ついた心を、実際離婚を告げることで、決定的なダメージを与えることを承知しておかなければなりません。

離婚でつらい思いをするのは子供であることを決して忘れないで下さい。

また子供が理解できない年齢で離婚してしまったとき、後々「どうして父親(母親)がいないのか」について納得できる答えが必要になってきます。

しかしながら、成人に近いなど子供の年齢によっては逆に理解を得て、よきサポートや仲介役となってくれることもあるでしょう。
離婚の事実を家族にも伝えた方がいい理由


離婚の事実を、家族には報告した方がいいと思います。

離婚に至るまでに、何度も家族に相談してきた、と言うことであれば、特に報告の必要もないかもしれませんが、これまで、結婚生活を応援してくれた両親、兄弟、また親しい親戚、友人や仲人など、同意を求めておかなければならない、また報告すべき間柄の人がたくさんいるはずなんです。

この人たちは、離婚したその日から離婚後の生活の中で、サポートをしてくれるはずの人たちです。

きちんと報告しておかないと、後々縁が切れてしまったことを後悔する日が来る、何てこともあるかもしれません。

離婚問題で頭はいっぱいでしょうし、常に張り詰めていて落ち着かない状態でしょうが、離婚の報告をしなければならない人を、思いついた人から書きだしておいてはいかがでしょうか。

身内には、離婚が決まってから事後報告、ということで構わないと思います。

それは、なぜかと言いますと、余計な心配はかけられませんし、何より、だまっていても私の選択を信じてくれる人たちでしょうし、今、張り詰めた状態の中で、第三者に口を挟まれるのは避けたいですよね。

このような理由からです。

確かに考え直すように説得されたところで、緊張状態が続くだけの事もあるでしょう。

事後報告するにせよ、今後の生活のプランに協力をお願いしなければいけないこと、を丁寧に伝え、協力者となってもらう方が賢い選択であることは確かでしょう。

離婚の事実を友人や知人にも伝える理由


離婚の事実が発生したら、家族だけでなく、友人や知人にも離婚のことについて、報告しなければなりません。

事後報告でもよい間柄の人もいらっしゃるでしょうし、事後報告でもよいから伝えておかなければならない、という場合もありますね。

まず、職場や子どもの学校などには、離婚のことを報告しなければならないでしょう。

姓が変わるときには特に事務処理のために必要ですので報告義務があります。

そのほか、免許証や保険証、銀行や郵便局の通帳、カード類など、個人の持ちものとなるもので変更の必要のあるものをあらかじめ調べておきましょう。

必要に応じて、離婚のことを知らせる必要があります。

また、毎年年賀状だけが送られてくるような親しいとも遠い関係でもないと言う人、あるいは、事後報告でお互いに気まずくなってしまうような人には、噂で耳に入れる、というような知らせ方をあえてやるという作戦も必要でしょう。

子供にとって親の離婚は、子供の人生において重大な事件です。

両親の離婚が、その子供のイジメの原因になってしまわないように、仲の良いママ友仲間などには一声かけておくなどして、子供が急激に肩身の狭い思いをしないように、十分に配慮してあげることも考えなければなりません。
離婚を相手が勝手に進めそうなときには?


離婚には、いろいろなケースがありまして、自分は、離婚を望んでいないにも関わらず、相手が離婚をしたいがために離婚の手続きを、さっさと進めてしまうようなケースもよくあります。

中には、自分の知らない間に勝手に離婚届を出されてしまったというケースがあります。

離婚届の内容に不備さえなければ、届けは誰が提出してもよいのですから、片方がすべて独断で行っても、受理されてしまうことがあるのです。

もしもそれが偽造であった場合、不正であるということが証明できれば、後で無効とすることができますが、そのための手続きが必要になってきます。

しかし、離婚理由が事実である場合には、提出されてしまえばなかなか取り消すことは難しいのが現状です。

無効にしたところで「調停→裁判離婚」へと進められることは目に見えているからです。

このように、自分がまだ離婚を決意していないのに、相手が勝手に進めそうな可能性があるときには、先に手を打つ方法があります。

先回りして役所に「不受理申請書」という書類を提出しておくことが出来ます。

不受理申請書の用紙は各市町村役場で手に入ります。

有効は6ヶ月ですが、延長することも途中で取り下げることも可能です。

相手に離婚の意思がありそうだけれども、修復のきっかけを伺っていたり、当事者同士でもう少し考える時間が必要なときには、念のために使える届です。
〜〜 お友達サイトのご案内 〜〜
◆美容関係◆

ストレッチ1
ストレッチ2
ストレッチ3
ストレッチ4
ストレッチ
太る原因
肥満について
美容整形について
医療レーザー脱毛について
レーザー脱毛と永久脱毛
レーザー脱毛の料金
レーザー脱毛の種類
レーザー脱毛とクリニック
プチ整形について
プチ整形と部位
美容外科マップ
品川美容外科クリニック
湘南美容外科
大塚美容形成外科・歯科
アサミ美容外科
クリニックビザリア
銀座コクリコ美容外科
岡崎美容外科
リッツ美容外科
さかえクリニック
精美スキンケアクリニック
聖心美容外科
城本クリニック
スキンクリニック
高須クリニック
東京美容外科
脂肪吸引について
脂肪吸引と注意点
豊胸について
プチ豊胸と美容外科
豊胸術の注意点
ダイエット・脂肪吸引・バストアップ・美容・エステの基礎知識
脂肪吸引でダイエット・安全に痩せる為の基礎知識
◆健康関係◆

高額医療
基礎体温表
歯周病1
歯周病2
歯周病3
歯槽膿漏1
歯槽膿漏2
歯槽膿漏3

◆金融関係◆
金融商品取引法
日本郵政公社・郵政民営化
新BIS規制について
不動産投資信託
保険商品の銀行窓口販売
有価証券のペーパーレス化
ICキャッシュカード
間接償却と直接償却
政策金融機関の見直し
電子マネー
日銀短観
金融改革プログラム
金融コングロマリット
繰延税金資産
証券仲介業
銀行代理店
◆就職・転職関係◆

副業1
副業2
副業3
副業4
副業5
サンダル王子いまっちのアフィリエイト実践マニュアル
確率変動で稼ぐHTML
アフィリエイト塾
リンク代行
歯科 記帳代行
確定申告 ネットビジネス
◆結婚・離婚関係◆

離婚の方法
慰謝料の知識と対応法
養育費と子供の問題
離婚に関わるお金
浮気調査に関する質問
離婚と弁護士
離婚と探偵事務所
結婚に対する傾向
色々な名前がついた離婚
様々な離婚の方法
離婚の費用について
離婚後の生活
離婚前後の生活環境
家庭内離婚と家庭内別居・配偶者暴力支援センターとは
離婚と理由
離婚数とドメスティックバイオレンス
離婚を伝える方法
離婚の前に
離婚の前に知っておこう
結婚の理想と現実、そして離婚後
離婚の前に知っておきたい制度
離婚と子供の問題
◆髪の毛の関係◆

薄毛1
薄毛2
薄毛3
抜け毛

◆住宅・不動産関係◆

東京インテリア
分譲マンション
分譲マンション
風水の歴史と家相と気学
風水の簡単な取り入れ方
風水で良運を取り入れる
風水とインテリア
色風水とパワーストーン
黒門風水と八宅風水
風水における鏡と風水と家相とインテリア風水
◆福祉関係◆

介護施設1
介護施設2
介護施設3
介護施設4
介護施設5
特定保健指導

◆ショッピング関係◆

ローソンパス

◆ローン・クレジット関係◆

個人再生
個人再生2
◆ファッション関係◆

バッグ
ハリウッドランチマーケット
ファッション関係
◆料理関係◆

スイーツと果物